流れを把握しておきたい葬式

家族や近しい人の訃報を聞いた時にはとても悲しくなります。

Pagelist
流れを把握しておきたい葬式

流れを把握しておきたい葬式

流れを把握しておきたい葬式
家族や近しい人の訃報を聞いた時にはとても悲しくなります。自分たちが挙げる側になることもあれば、取り急ぎ駆けつけて参列すると言うこともあるのではないでしょうか。宗教の違いはありますが、大きな流れを覚えておくことで、執り行う時にも間違いもなく進めていくことが出来ます。病院または自宅で臨終を迎えたら、遺体を搬送して納棺をします。その次に通夜を行い、葬儀や告別式を終えたら出棺します。火葬を行って骨上げをした所で一旦終わりとなりますが、家族の場合はまだ一連の流れは続いていきます。遺骨を持ち帰って祭壇に安置していきます。

葬式だけの流れを確認するとそこで終わってしまった気になりますが、必要な手続きも合わせて行うことになります。香典返しや四十九日の法要、それ以外にも相続人の確定や相続などもしていかなくてはいけません。故人が亡くなったばかりでそうした話をするのは苦しいものですが、必要なことなので予め準備をしておくのも良いでしょう。確定申告や相続税などといったようなことも期日が決まっていますので、滞りなく済ませていけるようにして下さい。相続遺産の対象にならないものは形見分けをする事が出来ますから、葬式の進行と平行して様々なことを行っていきます。

お役立ち情報