流れを把握しておきたい葬式

突然の訃報の知らせが届いた際は、故人との関係にもよりますが親しい人や恩師などであればすぐにお葬式の前に弔問に掛けつけることになります。

Pagelist

お葬式での故人と対面する場合

流れを把握しておきたい葬式
突然の訃報の知らせが届いた際は、故人との関係にもよりますが親しい人や恩師などであればすぐにお葬式の前に弔問に掛けつけることになります。その際は親族へのお悔やみの言葉とともにふかくお辞儀をします。とても故人と親しかった場合などは、遺族の方から対面を進められる場合がありますので、その際はお礼とともにお別れをさせていただきますという言葉を添えて対面します。対面するのが辛いとい言った場合であれば、無理に対面することはせずお目にかかるのがつらすぎますといった言葉を伝え、対面をお断りすることもできます。

対面した場合には、枕元の方に近づいて深く一礼します。遺族が顔に掛けられた白い布を取るので対面します。故人に対し再び深く一礼をしてから、合掌しながら冥福をお祈りします。その際に遺族に対して安らかなお顔ですねといった言葉などを掛けてあげると良いです。故人との対面ですが、自分から対面したいと申し出ることはマナーに反するので注意することが大切です。亡くなられた時の状況などによっては、遺族にとって顔を見せたくはないと思っている場合もあります。その為、対面するさいは遺族の方から申し出があった時だけにし、自分から対面を申し出ることは控えるのが良いです。