流れを把握しておきたい葬式

家族の最後を看取った後は葬式を執り行うことになりますが、誰もが感じているのはどうやって費用を捻出するかということでしょう。

Pagelist

平均費用も変わりつつある葬式

流れを把握しておきたい葬式
家族の最後を看取った後は葬式を執り行うことになりますが、誰もが感じているのはどうやって費用を捻出するかということでしょう。昔はそれこそ近所の人で集まってそこそこ大きな葬式をしていました。平均としても100〜150万円ほどはかかりましたし、大きな家であれば200万円を越すぐらいで結婚式並みにお金が必要になると誰もが途方にくれてしまう時代もありました。けれども今は葬式そのものに対する考え方が変わってきていて、家族だけでシンプルに行うことで平均金額よりもかなり安く100万円以下でも式をする事が出来るようになっています。

家族としては、なるべく少しでもあちらで故人が良いようにと思って葬式の準備をしていきます。故人の側でも場合によっては遺書を残していて、あまりお金をかけないで欲しいというような言葉を残してくれていることもあります。家族だけで集まって式をして、その後にお別れ会を開いて故人を偲ぶというようなことも増えました。家族の形も変わりつつある中で、社会の変化と共に葬式も変わっていると言ってもいいのでしょう。今から葬式のことを考えるのは難しいですが、なるべく後に残された人の負担をかけないような葬式を考えてみて下さい。