流れを把握しておきたい葬式

昔は葬式となると何日もかけて家族や親戚、そして近所の人にも来てもらうような大きなものでした。

Pagelist

葬式の規模も小さくなりつつあります

流れを把握しておきたい葬式
昔は葬式となると何日もかけて家族や親戚、そして近所の人にも来てもらうような大きなものでした。お金も時間もかかりましたが、それが当たり前として行われていました。けれども今は家族構成も変わり、家族の人数自体も少ないですし、田舎から都会へ出てしまって何かあっても対応がし難いということもよく言われます。そのため、葬式の内容も少しずつ変化を見せていて、規模もかなり小さくなってきましたし、かかる費用もかなり安くなってきました。100万は超えていたのが当然だった時代から、手頃に出来るように変わりつつあります。

一日だけで家族のみ集まって行う葬式であれば、それこそコンパクトで10〜20万円というこれまでから考えれば破格の費用で執り行うことが出来ます。通夜や告別式を行うと多少は高くなりますが、それらを省いたり場合によっては火葬だけを行うというプランも出てきています。これなら時間もかかりませんので、葬式を行う側の負担もかなり減ります。宗教によって多少内容は変わってくるものの、どんな内容がプラン内に含まれているのかは確認しておきましょう。宗教的な手配をする時には追加料金がかかる事もあります。故人の遺書なども参考にしながら、最後のお別れを行って下さい。