流れを把握しておきたい葬式

若い内は葬式に参列するということは早々ありませんが、年を経ていくとやはり家族や友人など、そういった話を聞いたりして出かけることも少しずつ増えるようになります。

Pagelist

葬式で故人と対面をする

流れを把握しておきたい葬式
若い内は葬式に参列するということは早々ありませんが、年を経ていくとやはり家族や友人など、そういった話を聞いたりして出かけることも少しずつ増えるようになります。故人を見送るための最後の機会として、昔から行われています。また、弔問に伺った時にも対面をすすめられることがありますが、よほどの事情がない限りはお受けして最後の挨拶をします。緊張をすると思いますが、まずは正座をして両手をついて一礼します。その後遺族の方が白布を取りますので、そのままの姿勢で対面をしてから、合掌をして遺族に一例をしてから下がります。

急ぎ弔問をする時には、服装は平服で構いません。その方が失礼に当たらないとされています。葬式が行われるのは本当に何とも言えない気持ちにさせられます。これまで元気だった人が、目の前に横たわっているのを見ると心も静かになってきます。葬式は一つの区切りですから、悲しみを感じているならそれをしっかりと受け止めて、お別れをしましょう。家族の形が変わる中で、葬式のやり方や規模もどんどん変わっていっています。家族の数だけ葬式があると言っても過言ではありませんから、個人のことを考えながらゆっくりとお別れを行って下さい。

お役立ち情報