流れを把握しておきたい葬式

人生の中で何回葬式に立ち会うのか、それは誰にも分かりません。

Pagelist

葬式の際の連絡の仕方

流れを把握しておきたい葬式
人生の中で何回葬式に立ち会うのか、それは誰にも分かりません。そのため、家族や親戚などに不幸があったときにはどうしたらいいのか右往左往してしまいがちです。悲しみにくれながら葬式の手配なども実行しなくてはいけませんし、訃報を伝えたりするなど本当に忙しくなります。家族や親族、会社の同僚や友人など、これまで親交があった人たちに連絡を入れるわけですが、冷静に電話などが出来るのか自信がない人もいるでしょう。最初は病院で亡くなったのであれば自宅に遺体を安置してから故人に縁が深い人たちに連絡をしていきます。

内容も何を話せばいいのか思いつかないかもしれませんが、訃報の知らせはあれこれと長く述べるのではなく簡潔に連絡をした人に状況を伝えましょう。どこまでの範囲で知らせていけばいいのか迷ってしまいますが、葬式の案内を出す人たちにお知らせをすると考えて下さい。実際の式の日程が決まれば、改めて連絡をすることになります。親しかった人が亡くなるのはショックですから、お互いに長々と話し込むことのないように配慮しましょう。内容は亡くなった方の名前、日時、簡単に死因、葬式の日時が決まっていればそれを伝えて責任者または自分の連絡先を伝えます。落ち着いて、間違いのないように相手先に伝えていきましょう。

お役立ち情報