流れを把握しておきたい葬式

社会人として生活しているなかで、お葬式に参列するという機会もあるとおもいます。

Pagelist

お葬式での香典の渡しかた

流れを把握しておきたい葬式
社会人として生活しているなかで、お葬式に参列するという機会もあるとおもいます。知人や恩人が身内以外にも、会社での人間関係によって訃報の知らせがあったのであれば、通夜なり告別式への参列をします。そんなお葬式ですが、初めての場合など分からないことが多いです。とくに香典などはいつどのタイミングで渡したらよいのかなど悩みます。まず香典ですが通夜や告別式などに参列する場合ですが、受付というものがあります。受付などの状況などから挨拶や香典を渡すタイミングを変えるのが一番自然です。まず通夜にうかがい受付がある場合は、受付でのお悔やみの言葉を忘れずに伝えます。

挨拶のあとにふくさから香典を取り出し、香典に書かれている表書が相手側から読めるようにして手渡します。この際は両手で手渡すようにするのがマナーです。その次に住所や名前などを芳名帳に記載して終了になります。告別式に参列する場合は通夜と同じ流れで受け付けにて香典を渡します。通夜と告別式を両方参列する際は、通夜で香典を渡しているのであれば告別式では芳名帳への記載だけで大丈夫です。もしお葬式の会場にて受付などが見当たらない場合ですが、遺族にお悔やみの挨拶を伝える際に、一緒に渡すと良いです。またはお焼香をする際に祭壇に供えるしても良いです。このようにお葬式での香典を渡すタイミングは、式場の状況に合わせます。

お役立ち情報