流れを把握しておきたい葬式

突然の訃報が届いた時には、驚きや悲しみなどもあるとは思いますが慌てずに親族に失礼のない対応をするよう心掛けることが大切です。

Pagelist

お葬式での参列する際のマナーについて

流れを把握しておきたい葬式
突然の訃報が届いた時には、驚きや悲しみなどもあるとは思いますが慌てずに親族に失礼のない対応をするよう心掛けることが大切です。まず通夜や告別式に参列するのであれば、開始時間を確認します。時間よりも遅れて式場に入ることはマナーに反しますので、時間よりも最低10分前には到着し受付などで香典を渡したし芳名帳などへの記載を終わらせておくのが良いです。お葬式が行われる会場内では、大きな声での会話は厳禁になります。小さな声で普段よりもトーンを落とした声で話すようにします。会場で知り合いにあった場合は、世間話などはしないように注意です。

話しをする場合であれば、小さい声で話をし挨拶なども短く黙礼程度におさめるのが良いです。通夜の際に親族にお悔やみの言葉を述べる際は、短く伝えるのが良いです。多くの弔問客が訪れますので、他の参列者や親族への負担を考えてお悔やみ申し上げますと短く伝えるだけで十分です。その際は一緒にお辞儀をすることを忘れないようにします。告別式の場合は親族へのお悔やみは伝えないのがマナーになりますので、親族に対しては黙礼だけで大丈夫です。このようにお葬式での会場でも最低限守るべきマナーはありますので、悲しみにくれる親族や他の参列者への配慮をふまえ静かに参列するようにします。

お役立ち情報