流れを把握しておきたい葬式

お葬式などに参列する機会ができた場合、必ず喪主や親族への伝える言葉としてお悔やみの言葉があります。

Pagelist

お葬式でのお悔やみの言葉みついて

流れを把握しておきたい葬式
お葬式などに参列する機会ができた場合、必ず喪主や親族への伝える言葉としてお悔やみの言葉があります。これは亡くなった人への思いや自分自身の悲しみや、何より身内をなくして辛い思いをしている親族に対して掛ける挨拶となります。このお悔やみの言葉ですが、亡くなられて人によって多少内容を変えると良いです。まず一般的なお葬式などでのお悔やみの言葉ですが、一番多いのが「このたびは誠に御愁傷様です」といった言葉になります。または「心よりお悔やみ申し上げます」といった言葉などです。一番お葬式では失礼のないお悔やみの言葉となります。

次に亡くなられた人があまりに急死だった場合です。この場合のお悔やみの言葉としては「突然の事で信じられない重いです」や「心より御冥福をお祈り申し上げます」といった言葉などになります。他にも「思いがけないことでなんといったらよいか」といった言葉などもよく使われます。最後に長く病気などを患っていた人が亡くなった場合ですが、「皆様の看病かいなく本当に残念でなりません」といった挨拶などになります。このように亡くなられた人の状況に合わせて、お悔やみの言葉などを変えて挨拶するとより親族を思いやる言葉になるので覚えておくと良いです。

お役立ち情報