流れを把握しておきたい葬式

お葬式に参列する場合は、仮通夜や通夜の際には喪主や親族の方へお悔やみの言葉をつたえます。

Pagelist

お葬式でのお悔やみの挨拶で使ってはいけない言葉

流れを把握しておきたい葬式
お葬式に参列する場合は、仮通夜や通夜の際には喪主や親族の方へお悔やみの言葉をつたえます。基本的にお悔やみの言葉は仮通夜や通夜の場合で、お葬式や告別式ではお悔やみの言葉は伝えないので注意します。長くならないようにお悔やみの言葉を伝えるのがマナーですが、そのほかに使ってはいけない言葉というものがあります。まずは重ね言葉になります。ますますやくれぐれもなど、同じ言葉が重なる言葉は不幸がまた続くイメージにつながるので控えます。そのつながりで続くという言葉や繰り返すということばなども使わないのが良いです。

次に直接的な表現もさけます。死亡したや死んだなど、死に直接的繋がる言葉はマナー違反です。逆に生きるという言葉もさけ、生前やお元気だったころという言い回しを使うようにします。次にこれはお悔やみの言葉で伝えがちですが、励ます言葉は避けたほうが良いです。親族に対して頑張ってくださいなどは、励ます言葉でもありますが負担にも感じられてしまうので極力さけるのが良いです。それ以外に不吉な事を連想される言葉も使ってはいけません。消えるといった言葉や大変なことになりますねなどという言葉は常識にも反します。お悔やみの言葉としてふさわしくない言葉には、十分注意することが大切です。

お役立ち情報